出会い系サイトを利用する男性も多いでしょう。やっぱり彼女探しやセフレ探しに期待してが大きな理由でしょう。
しかし、実際に彼女やセフレができるどころか、会えるのすらできない男性がかなりいるのです。

援助交際で会おう

メッセージやプロフィールの書き方、また誘いかたなどといろいろなアプローチが、出会い系サイトの攻略法で出ています。
しかし、どれをしても全然成功しないなんて声も聞かれます。
それならば、援助交際をしてみてはどうでしょうか。

今だと相場も1~2万円前後とも言われていて、ホテル代を別に用意しても、3万以下となることが一般的です。
出会い系サイトを使っていても、出会いなく終わるのも寂しいものです。1度くらいは出会いも実現させたいと思いませんか。

援助交際に関係する法律

これから、援助交際をしようかと考える人は、ちょっと気を付けた方がいいこともあります。
それは犯罪になるかどうかです。

ネットには、援助交際や買春、売春に関係する法律がいくつもあります。
たとえば、出会い系サイト規制法、児童売春・児童ポルノ禁止法、強姦罪、売春防止法(勘違いされていることが多い)があり、あと、各自治体の条例があります。
これらのことも知っておいた方が、身の安全となります。
これは男性だけでなく、女性も実は同じことが言えるのです。
もちろんですが援交サイトとして利用されるのは出会い系サイトだけでなく、掲示板やSNSのほかに最近では援交アプリなども対象となっています。

援助交際(えんじょこうさい)とは、女性が性行為などを行なう代わりに金銭を受け取る、言わば買春のことを言います。18歳未満の女性が援助交際を行なっていることが多く、児童買春問題として取り上げられています。
参照元:援助交際で逮捕された場合の罪の重さ|逮捕後の流れと対処法|厳選 刑事事件弁護士ナビ

どこからが犯罪なのか

援助交際は、どこからが犯罪になるのでしょうか。
行為自体、たとえばお金を渡すとか性行為よりも、相手によります。それは18歳未満かどうかです。
18歳未満だと、ほぼどれかの法律にあてはまり、3~20年以内の懲役、また300万以下の罰金になる可能性があります。
他にも18歳未満の援助交際相手募集でもやはり罰金にかかってしまいます。

18歳以上はOK

実は援助交際をして、性行為をしても18歳以上だと捕まりません。売春となりそうですが、売春防止法は売春する場所の提供などお店や管理者を対象にするので、男性や女性は、対象外なのです。
あとの先にあげた法律にもかかりません。

援助交際をするときには、子ページも参考にしてみてください。
相手が18歳未満が犯罪かどうかが、ボーダーラインと言えます。